« すっかり涼しくなってきた | トップページ | 進撃の巨人 »

2013年9月29日 (日)

最後の希望

130929今日のウィザードは最終回にして平成ライダースペシャル後編ということで、色々盛りだくさんでしたね。

正直前編の段階では内容がよくわからず置いてけぼり感があったけど、後編まで見てディケイド脳で見ると色々しっくりきました。
ディケイド版のウィザードの世界に迷い込んだ晴人と士、他の指輪のライダーは召還された別の存在かもしれないけど、ディケイドだけは本人であの世界での士の役目はライダーリングだったのかなと。

今回の話は晴人の視点でお話動いていたけれど、士視点で見ると光写真館がウィザードの世界についた途端士は指輪になりあの箱の中へ、子供ハルトに召還されて(自転車壊しながら)登場し最初の一言
「ここがウィザードの世界か…」
ぶっちゃけファンサービスの台詞かと思っていたけど、こう考えると自然な流れだったんだなあとか。

ウィザード本編で晴人はコヨミの心は救えてもコヨミ自身を助けることはできなかった分、あの世界の「コヨミ」と「ハルト」を救えたことがよかったですね。

またライダーがもともと怪人と同じ力だとか、人間の自由をまもるために戦っているとか、ライダーの原点をネタにしてるのも面白かったです。「クロスファイア」って初代ライダーの前身企画の名前なんですよね。

そういった小ネタあり、巨大乱戦や鎧武へのライダーの名の引継ぎあり、まるで劇場版を見てるような内容にテンション上がりました。いや本当面白かったなあ。

こうなるとディケイド版の「W」「オーズ」「フォーゼ」の世界なんかも見てみたくなりますわ、むしろ描きたい。(笑

なんにせよ次週からはいよいよ新たなライダー鎧武のスタート、こちらも非常に楽しみです!

|

« すっかり涼しくなってきた | トップページ | 進撃の巨人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すっかり涼しくなってきた | トップページ | 進撃の巨人 »