« pray for Japan | トップページ | リリマジ11新刊 »

2011年3月14日 (月)

今できること

110314 本日から地域ごとの計画停電が開始、といってもウチを含め多くは行われなかったようで。それならそれで節電の甲斐があったということで良いことだと思います。さすがに自分の地区がどのグループなのかはっきりしない時は焦ったけど;
未曾有の災害が起き、発電所なども機能が衰えているなか被災地のために東電の人達もがんばっているので、自分達もなんとかしのいでいきたいです。

その他思うことつらつらと。

テレビで情報収集していると、あまりの惨状に気が沈みます…、ですが現地で自衛隊の皆さんも救助活動に本当に身を削って活動されているようで。

自衛隊による救助状況 ○大規模地震災害派遣による活動・自衛隊による救助者数 約10,000名(現時点で確認されているもの)

現在10000人救出!どうもこういった成果はあまり報道されないようなので…、被害を知るのももちろん大事ですが、それだけでなくこうした人々のがんばりももっと教えてほしいと思います。
自衛隊の人の中にだって今回の震災で家族友人を失った人もいると思います、それでもなお被災地で救助という戦いを続ける方たちのその姿に自分は感動を覚え、そして敬意を表したいです。
また、こうしたプロの方たちの邪魔にはならないよう、今は決して被災地へボランティアなどに向かうことのないようにしたいとも思います。

災害ボランティアの大原則は「自己責任」

何かしなければ!といういてもたってもいられない気持ちをぐっと抑えるというのもまた勇気ある行動の一つだと思います。

物資なども半端な提供は現地に迷惑になってしまうので、今自分達にできることはやはり災害募金でしょうか。

義援金・募金・寄付できるサイトまとめ

個人的には日本赤十字などの然るべき所が安心かなと思います。現在サイトが重いですが東北関東大震災用専用口座ができていると聞きましたので、自分も折を見て郵便局から募金したいと思います。無理のない範囲で。

クリエイター達による震災応援イラストなど

中にはこうした活動を不謹慎と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、直接震災の被害にあってない方でも恐らく今日本中で不安な気持ちにかられている方が大勢いると思います、自分もその一人です。
そういった人達が元気を取り戻し、それぞれの日常生活を行えるようになることもまた震災との戦い方の一つですので、それを支えるこうした応援の形はとても素敵なことだなと思います。

今自分を含め直接被災していない人々ができることは、なるべく節電しつつ、普段の日常を送ることだと思います。それがたとえ間接的かつ僅かな力であっても、被災地での救助活動の助けになると信じて。

普段はこういう話をしないのでどうもうまく気持ち伝えられず見苦しくてすみません;

さて、というわけでギコガコ堂も明日からいつも通りのまったり更新に戻りたいと思います。こんな時だからこそここをご覧になってる方には今まで通りの気持ちになっていただけますよう、早く日常を取り戻せますように。

|

« pray for Japan | トップページ | リリマジ11新刊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« pray for Japan | トップページ | リリマジ11新刊 »