« 無理せずできることを | トップページ | 新刊まどマギ本委託中! »

2011年3月17日 (木)

それは、世界を呪う恋。

110317 ちょっと前に出たまどマギコミック2巻、今回は最初から最後までずっとさやかのターン!…ずっと…ね。
まさに魔法少女さやかのおはようからおやすみまでを描いた一冊だね!っておやすみとか言うなーもー!(落ち着け)

まあねー…、ニコで公式配信始まった最新10話での(別時間での)態度や前回の魔女化の話なんかでもね、さやかが破滅したのは自業自得だというのはわかるけど、それで嫌われているような感じがするのがやっぱりつらい。
愚かだったのかもしれないけどそこ含めて魅力的です、個人的には。

しかし全12話(13かな?)のうち気がつけばさやか(&杏子)関連の話は4話~9話の6回分という実に全話中半分におよぶ長さだったという。
最終的にはまどかとほむらの話になるとは思うけど、普通の少女が魔法少女になってその運命に堪えられず破滅していくというさやかのエピソードは、製作者が描きたかった大きなテーマの一つだったんだろうなあとか思いました。

今週放送自粛などで今後どうなるかわからないけど、最後まで楽しみにしております!

|

« 無理せずできることを | トップページ | 新刊まどマギ本委託中! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無理せずできることを | トップページ | 新刊まどマギ本委託中! »