« かみつき王女 | トップページ | 高次の存在とかなんとか »

2009年2月26日 (木)

挑戦状再び

090226 有野の挑戦状2手に入れましたー、待ちこがれてたぜ!

今回はじっくり遊んでいきたいなーと思いつつ、早く「名探偵」とかやりたい気持ちもあったり。
でも最初から遊べるゲームトレーニングツールの「くぐれ!ギリジャンMAX」が若林的にクリティカルヒット中です。
操作方法は左右移動とジャンプのみ!自動スクロールしていくステージを穴や鉄球を避けながら延々進んでいくだけのゲームなんだけど、なんというか…クセになる。どんだけ2Dアクション好きやねんと言われそうだけど、気がついたらコレだけずーっと遊んでいたり;菅さんのボイスも素敵、オフにするなんてもったいない!
今のとこ自分のハイスコアはレベル70で3万5千点の部長クラス、なんとか課長は超えられた…とりあえず今のとこの目標はレベル3ケタ台かな。ハッピーマンの出現条件がわかればもっとスコア稼げるんだけど、ランダムなのかなあ。

おっと作業しなきゃ、いやーゲームはやっぱ危険だ;

以下web拍手レス

 

>まさかのキバット娘!?これフラグとしては、ドラグレッガー娘とか出てきたり!?
キバットはクッションなので、ちょっとまぎらわしかったですね;でもドラグレッダー娘とかありかもしれませんね…

>イラストのキバっ子のイメージボイスは、キャロの声をやった高橋美佳子さんがぴったりだと私は思います。
キャロ声で「変身!」なんて可愛すぎますね!

>『トランスフォーマー・リベンジ』監督のマイケル・ベイは、デビュー作『バッドボーイズ』の頃から実物を爆発させまくる人で、アメリカでは「ベイヘム(名前と“狂気の沙汰”を意味するメイヘムを掛け合わせた造語)」なんて呼ばれています。そんな人ですから今回は『バッドボーイズ2バット』(香港国際警察のパロディや葬儀屋のトラックとの悪趣味カーチェイスをやってました)以上の物凄い事になるかと…。
ベイはドSですね

>キバットクッションになりたい…
ふふふ…あなたとはいい酒が飲めそうです(笑)

>うちにも有野の挑戦状2の発送メールきたどーっ!限定版を一番安く売ってたっぽい+ポイントがアホほどたまってたので、webでのみまだゲームを取り扱ってるHMVで注文しました。プレイ前にまず特典DVDを堪能して、地上波の特番を見逃した憂さを晴らそうと思うちょります。嗚呼楽しみ
DVDとゲーム、どちらから堪能しようか嬉しい悩み!ちなみに若林は買った帰りの電車の中でゲーム始めてしまいました(笑)

>なにこの可愛いキバっ子は!? よし俺も親衛隊に入る! 虫一匹たりとも近づけさせん!
しかしビートルファンガイアに吸収されてしまう…!(酷)

>ディケイドのガルルらはキバ本編の次狼さんらじゃないのが救い?でしょうか。電キバディケイドの3バカズはどうなるか不安ですけど(汗
映画版はオリジナルキャストかもしれませんね

>このキバたんが現実にいたら「娘さんをお嫁にください」とかゆう人が絶対多数いそうだと思うんですが・・・実際に言ってきたらあげますか?私なら嫁になんて出しません!!
むしろ俺の嫁に(略

>昨日の爆発しゃまるはきっと料理を爆発させてしまったに違いない
シャマルさんの料理はもはや兵器

>スパロボKの発売日が早まって3月20日になったらしいですが、そうなるとゲームのクオリティが心配になりますよね
個人的に某有名RPGが延期になった影響もあったりするのかなーと;

|

« かみつき王女 | トップページ | 高次の存在とかなんとか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かみつき王女 | トップページ | 高次の存在とかなんとか »