« あと4ヶ月かあ | トップページ | 挑戦状再び »

2009年2月25日 (水)

かみつき王女

090225 ちょいと遅れて今週のライダー娘のコーナー、というわけでキバっ子。
劇中のワタルが「子供で王」だったのがよかったのでその辺を意識して描いてみたり。

今月発売のトランスフォーマーがもう結構出回ってるようで、ウチは明日「有野の挑戦状2」と一緒に買ってくるつもりです。かちょオーン!

以下ストレインDVD6巻雑感&web拍手レス

 

STEP10 未来の記憶
エミリィの正体やラルフの裏切りの真相が語られる。
過去(作品時間的には未来)にラルフの身に起こった苦しみと、ディーグ艦のクルーを躊躇なく次々と手にかける現在のラルフの狂気がいい対比。軍艦のクルーがたった一人に全滅させられるというのはちょっとだけ引っかかったけど、ディーグはユニオンと違って無人機で戦争をしているので生身の人間自身は直接戦うのに不慣れ…といった感じかな?
初見では正直時間軸の流れが理解しきれずこんがらがったけど;SFガジェット各種が無駄な設定ではなくきちんとお話に利用されているのがいいですのう。

STEP11 狂宴の幕開け
他所で数百万の艦対総力戦が勃発し、正規軍の救援もなくとりのこされたセーラ達…生き残るための最後の戦いが始まる。いいシチュエーションだ…。
あえて大きな戦場の描写はせずに最後までセーラ達リベルタットの戦場だけを見せることによりシリーズ全体がきっちりまとまってるなあ。
ラルフの思いを知り決意を改めて固めるセーラ、そのセーラを「命を預けるに足る仲間」と認め共に飛び立つロッティ達。5話でセーラを責めてたマリエットが迷いを払った顔で出撃していたのが細かい点ながら個人的に好きなところ、色々鬱い展開もあったけどそれを乗り越えた先だから得られるカタルシスがたまりません。

→最終巻雑感へ

 

web拍手レスー

>火薬の量なら、ウルトラマンガイアの登場シーンも負けてない!
ギリギリまでがんばって!

>TF2劇場版は確かに楽しみですね~.j我輩はあまり前情報は入れても気にせずに公開日を待ち,余分な事は考えないようにしてますから(やはり本編見てからです!)byガントラス
自分は次々発表されるキャラや映像にワクワクしっぱなしです

>ふと思ったんですがTFでもディケイドみたいにクロスオーバー作品ですべてのコンボイの世界を廻るみたいな作品がみてみたいですw
たまに玩具展開でそれっぽいのがあったりしたのですけど、映像ではそういうのはありませんから見てみたいですね。

>ディケイドのFFRのネタバレを見たんですが、電王だけ使い道が本気でわからんwだいたいあんなの、ディケイドいなくたって自力でできるじゃねぇか(笑)
謎すぎますな…;個人的にはデンライナーになるのかなーと思ってたのですが

|

« あと4ヶ月かあ | トップページ | 挑戦状再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あと4ヶ月かあ | トップページ | 挑戦状再び »