« 超合金魂は平手がつくのが嬉しすぎる | トップページ | シークレットベース »

2008年11月20日 (木)

新・お留守番参謀

08112001 今日はヘケヘケのアイアンハイドとガルバトロンの発売日ー…なんだけど若林は買いにいく時間がありませんorz
なのでネット注文…けどフィギュアーツのガタックと一緒に発送されるのでまだ届かない!しょんぼり。
そもそもTFは店頭で吟味しないと塗装の酷いのとか届く可能性あるから嫌なんだけどね…仕方ない;

というわけで今日の玩具話は海外商品のトランスフォーマーアニメイテッド・レーザーウェーブを。海外名はショックウェーブだけどやっぱり気分的に日本名のレーザーウェーブと呼びたいのでウチではそう表記します。

ビークルは2パターン、戦車とクレーン。

08112002

どちらもいわゆるセイバートロンモードなので地球の乗り物っぽくなく、正直このトイではそんなに重要な形態でもないので地味な感じは否めません;
でも戦車の砲塔を折り曲げるとスプリングでクレーンが伸び、逆にクレーンを押し込むと砲塔が跳ね上がるという風に小技は効いてます。この辺のギミックに手を抜かない感じがイイんだよなあ。
んではトランスフォーム

08112003

サイバトロン戦士・ロングアームに変形、派手さはないけど力強いシルエットです。
可動はちょっとクセがあるけどポーズ付けには十分、ギミックの関係で首が回らない点だけが残念。

08112004

バンブルとは入隊が同期ながら、現在はサイバトロン軍の中でもかなり高い役職についているエリート。その能力の高さがうかがえます。
しかし彼にはある秘密が…

トランスフォーム!

08112005

ギコガコッ

08112006

ギンッ!

08112007

その正体はスパイとしてメガトロンに送り込まれたデストロン兵・レーザーウェーブ!
初代アニメでは400万年もの間セイバートロン星でデストロンを指揮しメガトロンを待ち続けた「お留守番参謀」でしたが、今回はサイバトロン軍の中にもぐりこみ出世しつつ活動を続けていたという「スパイお留守番参謀(?)」に。相変わらずレーザーウェーブは有能だなあ。

08111804

対比図、あちこち伸ばしたり開いたり。どっしりした体型のロングアームが細身のクリーチャーげな体型に変化するのは面白いです。あ、レーザーウェーブの肩上げ忘れてる;
ロングアーム時に埋もれている赤いモノアイの集光ギミックがレーザーウェーブになると光り出すというのが個人的にツボ(2枚前のバストアップ3連画像が一番わかりやすいかと)、むおお…素敵すぎる…。

08112008

可動はロングアーム時よりも関節が増えよく動きます、足がひょろ長いのでボリューム感があるダイナミックなポーズもとりやすいです。
細くノッポなシルエット・カギ爪状の手にモノアイと全体にただよう冷たく無機質な雰囲気が悪役キャラらしくカッコいい!

08112009

手持ちのレーザーウェーブ軍団と並べてみる。やはり共通イメージは片腕キャノンとモノアイですな。

08112011

初代レーザーウェーブ…は持ってないのでそれの元となったアストロマグナムと。
脚の細長さはこの初代玩具のイメージから来ているようです。

08112010

スーパーリンク版と。初代のイメージのリメイクとしては一番よく出来てていいと思います。

08112012

バイナルテック版と。変形モードが車とレーザーウェーブとしてはかなり異色な玩具だけど個人的に一番お気に入りだったりする、ツヤのある毒々しい紫がたまりません。

08112013

レーザーウェーブは論理肌ではあるけどけして大人しいタイプではなく、むしろ冷たく凶暴なイメージ。

08112014

そんなわけでアニメイテッドレーザーウェーブでした。全4モード変形、独特なシルエットと玩具としてかなり楽しい品でした、いいわーコレ。

初代アニメではメガトロンに忠実なキャラだったけど、アメコミ版ではメガトロンに取って代わりデストロンのリーダーになったりと凶悪なキャラとして描かれていたレーザーウェーブ。
今回のアニメイテッドではスパイとして今のところメガトロンに忠実な姿勢を見せているけど今後どんな活躍を見せるのか気になるところです。

…いや、それ以前に日本で展開してくれるのを切望してますが;

 

※サイドバーの捕捉サイトにDXセイバーベースさんを追加しました。以前からなのは絵や玩具記事を捕捉していただいてます、いつもありがとうございます。

|

« 超合金魂は平手がつくのが嬉しすぎる | トップページ | シークレットベース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 超合金魂は平手がつくのが嬉しすぎる | トップページ | シークレットベース »