« 会場はやっぱ蒸すね; | トップページ | なのフェス委託情報とか »

2007年10月 9日 (火)

虫ケラめ、撃ちやがって

07100901 今日は久々トランスフォーマー玩具話、ブツは劇場版TFのフレンジー。
正式名称は『DiscBlast DECEPTICON FRENZY』

こいつは日本では一般店舗に並ばず、7月ごろ受け付けてたタカラトミーの公式通販でのみの取り扱いでした。なんでだろう…やっぱデザインがぱっと見気持ち悪いからだろうか;
だがしかしモアザンミーツジアイっ!こいつはなかなか凝った商品で面白い!

というか通販始まった時点では俺もこいつがどういったキャラなのかよく解らなかったのでちょっと悩んだんだけど…まあやっぱり押さえておこうと思い注文したわけで、その後劇場でその恐怖の大活躍っぷりを見て、ああ注文しといてよかったと思いましたわ。キャラ立ってる!

07100902 劇中では携帯とかにもなってたけど玩具では初登場時のラジカセがモチーフになってます。見比べると劇中のラジカセとはデザインが違うっぽいけどそんなに気にならないというか、フレンジーといったらやっぱオーディオ系だよなあと思うんでこの形は嬉しい。

そんでもってロボットモード、CGモデルの方はフレームだけみたいなデザインですごく細い印象だったけどさすがに玩具ではちょっと肉厚はあります。でも手足の雰囲気や顔の造形なんかはかなり劇中のスタイルを再現してて俺としてはこれはこれで味があっていいなと。

しかし何がビックリってその大胆な変形ですよ、ラジカセ状に積層されたパーツが開いて手足になるこの見事な構成はさすがだなあと感心します。CD上のパーツを発射するギミックもラジカセ・ロボ両モードできちんと使えるのがまた楽しい。

お手ごろサイズでガチャガチャいじれるので非常にいい感じの一品でした。
しかしやっぱりラジカセから変形といえばサウンドウェーブが浮かんでしまうのが旧作からのファンというもの、続編ではぜひともムービースタイルのサウンドウェーブにも登場してもらいたいものです、イジェークト。

|

« 会場はやっぱ蒸すね; | トップページ | なのフェス委託情報とか »

コメント

ザ・ヘッドにてサウンドブラスターになって以来、GFまでご無沙汰だったサウンドウェーブさん。
(スパリンではコンドルやジャガーが独立してしまった)
かと思ったら、実は彼はBWメタルスにもチョイ役で出演してたんですよね。
(デストロン戦艦ネメシスに仰向けで倒れている)

投稿: Tフレイル | 2007年10月10日 (水) 18時12分

メタルス中盤で初代シリーズと世界観がつながったときは震えました。

投稿: 若林まこと | 2007年10月10日 (水) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会場はやっぱ蒸すね; | トップページ | なのフェス委託情報とか »