« すばる叫ぶっ そして俺、加齢 | トップページ | てぃあな飛ぶっ »

2007年5月27日 (日)

意味、ないじゃない

さて昨日ようやっとウチのほうでも噂のストライカーズ8話が見れました、まあ早いトコでは今夜次の話やっちゃうんですが;
んでまあすでにあっちこっちのサイトさんやら板やらで語りつくされた感があるけど、軽く自分もぬるい感想を。まだファミ劇未放送でネタバレするのもあれなのであまり内容には触れない程度に。

070527 スバルとティアナが痛々しくて辛いところもあったけど個人的にはなのはがこう…ここにきてようやっと色々な面を見せてくれて惚れ直しました。
どうも今回実力的にも人間的にも成熟しきってしまった感があって(まあA’sの時から精神年齢は高すぎたけど;)なんというか久々に会ったらすっかり大人になって落ち着いちゃって…な寂しさがあったんだけど、今回前半のユーノ君とのシーンや後半のシーンでなのはもまだまだ悩んだり落ち込んだりの成長途中なんだなーとか、やっぱりまだ魔法「少女」なんだなーとか思ったわけで。
ラストのあれは個人的には怖さより切なさの方が強かったです。自分の気持ちが伝わらない無力さと、あえて怒らねばならない辛さになのはの方が倒れちゃうんじゃないかと心配に。
まあなんというか、今回珍しく感想っぽいこと書いたのは自分やっぱ無印のころからなのはのことが好きなので。今後も新人達と共に歩んでいく姿を見せてほしいなと、ここを越えた後のスターズの絆はものすごく強くなるんだろうなー。

あ、あと戦闘シーンやキャラの表情の作画もめっちゃよかったです。今後も期待せざるをえないっ!

|

« すばる叫ぶっ そして俺、加齢 | トップページ | てぃあな飛ぶっ »

コメント

☆第8話のなのは・・・
詳細な感想は拍手コメントにて書きますが、新人
への接し方は教導隊の教官だけでなく、隊長とし
ても考えなければならない。これはスターズ分隊
の最初の試練なのかなと思いました。
若林さん同様、まだまだなのはは「少女」という
部分があった事に不安と安心がありました。

投稿: 東方不敗☆兄貴 | 2007年5月28日 (月) 05時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すばる叫ぶっ そして俺、加齢 | トップページ | てぃあな飛ぶっ »