« 完成したのにすっきりしないとは | トップページ | だらだら歩いてきたことをだらだら書く »

2006年12月 5日 (火)

デルトラクエスト

061205 今日は久々のんびりとした日、いやまたすぐ修羅場なんだけどね。骨休み。

いい機会なんで同僚の人に借りてたデルトラクエストを読んだんだけど、いやー面白いわこれ。海外の児童文庫で読みやすいし結構ハラハラな展開でのめりこめる。なかなか旅の描写もハードで「あーやっぱ冒険ってこういうものだよなー、苦しくて汚くて、カッコなんかつけてられねー」と思わせてくれるし。読み始めると一気に何巻もいってしまうよ。

キャラでは主人公パーティのバルダっておっさんが好き。はじめはまだ子供な主人公・リーフを邪魔っけにするけど、いきなり死にそうな目にあってリーフやヒロインに助けられる。その後もやることなすこと裏目に出て何度も死にかける、うーん愛すべきおっさんだ。 女の子に化けた怪物に襲われ首絞められた時の描写『バルダはひきつけたように体をふるわせ横たわっている どうやら命はとりとめたようだ』というリーフの冷めた(と俺は思う)説明に爆笑。おっさんとの付き合い方わかってきてるね主人公。作者さんにバルダ嫌われてる?…いやむしろ愛されてるのか。 この小説の特徴としてあんまりキャラの詳しい説明やイラストが無いので読み手が勝手に想像できるんだけど、公式サイトの読者イラストコーナーでバルダが結構かっこいいお兄ちゃんに描かれてるのが多くてちょっとニヤニヤしちゃった;

年明けからアニメもやるみたいね、真面目に子供が楽しめる作品になることを期待してます。

あーこれ読んでると昔ファミコンとかでRPGやってたワクワク感みたいなモノを思い出した、こういう正統派ファンタジーはやっぱいいものやね。

 

さて、今日無事委託先から発注いただいたので明日は印刷所にいってきまーす。

|

« 完成したのにすっきりしないとは | トップページ | だらだら歩いてきたことをだらだら書く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 完成したのにすっきりしないとは | トップページ | だらだら歩いてきたことをだらだら書く »