« ゲスト参加させていただいた本をご紹介 マキシマムライダーパワーも溜まるたまる | トップページ | 冬コミ配布物まとめ »

2006年12月27日 (水)

フリントという名前は古典「宝島」から

061227 いやー昨夜はすさまじい嵐だった、うかつにも外出してしまったら道は川と化してるし雷は鳴り狂ってるしで。んでも今日は嘘のように晴れて気候も暖かかった、このままコミケまでいい陽気でいてくれればいいけど。

さて色々模型誌とか見てたら、今月のホビージャパンにMGクロスボーンガンダムX1を改造した「クロスボーン簡易量産機・フリント」が載ってて、そのかっこよさがすごくツボにはまった。もともとフリントは好きな機体だったんだけど、この作例はなんつーか普通に主役メカになれそうな雰囲気。画像はそのイキオイでラクガいてみたフリント。クロスボーンは木星圏での活動用にカスタマイズされてたものだから、不要な機能をなくして地球圏用に組まれ量産されたこのフリントこそが正式な「F97」である、そんな設定がまた心くすぐるね。フルクロスも楽しみだけどこれも商品化してほしいなー。

模型といえばちょっと寂しい話だけど、コトブキヤのヒュッケバインプラモシリーズが全種絶版になるらしいね。なんで突然!?とか思うけど…年明けに予定されてたスパロボOGsが発売未定になっちゃったことも考えるとなんとなく裏の事情を邪推してしまう…。ヒュッケは好きな機体なんでとりあえず大急ぎでヒュッケバインボクサーは押さえておこう俺、ガンナーの登場も期待していたんだけどね。

|

« ゲスト参加させていただいた本をご紹介 マキシマムライダーパワーも溜まるたまる | トップページ | 冬コミ配布物まとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲスト参加させていただいた本をご紹介 マキシマムライダーパワーも溜まるたまる | トップページ | 冬コミ配布物まとめ »